About

わたしたちの物語

ルーマニア、カルパチア山脈の南には、ワインの生産地として有名なトスカーナやボルドーと同じ北緯45度に位置する、湿った春と晴れて乾燥した長い秋を特徴とする地域があります。

元気に走り回るトカゲがいるということは、その土壌が健康で肥沃であることの証明です。もしあなたがその場でちょっと車を停め、息を呑むようなダル・マーレのブドウ畑の美しさや匂いを感じる機会があれば、そのトカゲたちに出会うことがあるかもしれません。ラテン語でトカゲを意味する「ラチェルタ(LacertA)」は2011年に数々の賞を受賞しました。

わたしたちの物語

ルーマニア、カルパチア山脈の南には、ワインの生産地として有名なトスカーナやボルドーと同じ北緯45度に位置する、湿った春と晴れて乾燥した長い秋を特徴とする地域があります。

元気に走り回るトカゲがいるということは、その土壌が健康で肥沃であることの証明です。もしあなたがその場でちょっと車を停め、息を呑むようなダル・マーレのブドウ畑の美しさや匂いを感じる機会があれば、そのトカゲたちに出会うことがあるかもしれません。ラテン語でトカゲを意味する「ラチェルタ(LacertA)」は2011年に数々の賞を受賞しました。

受賞メダル

Korea Wine Challenge

star-3

VINVEST

star-3

International Wine Contest Bucharest

star-3

Decanter World Wine Awards - London

star-3

Wine Festival ADAR

star-3

メディア掲載情報

Romania rising as New World of wine in ‘old’ Europe

Walter Friedl, the Austrian co-owner of Lacerta winery: “We are here at 45 degrees of latitude and we have conditions like in Bordeaux or Tuscany,” he adds, speaking from his vaulted cellar, where wine matures in oak barrels made in France, Hungary and Russia as well as Romania.


ルーマニアの台頭、古き良きヨーロッパワインの「新しい世界」- By Isabelle Wesselingh

“The conditions to make wine here are world-class,” says Walter Friedl, the Austrian co-owner of the Lacerta winery. Friedl and his Romanian business partner Mihai Banita run an 82-hectare (200-acre) estate in Romania’s southern Dealu Mare region, about an hour’s drive from Bucharest.


ルーマニアが古いヨーロッパから切り開く新しい景色

So far Romania, the sixth-biggest wine producer in the EU is exporting only three percent of it's wine output, far behind countries like France or Italy.


Romania rising as New World of wine in ‘old’ Europe

But while Romania may look like a newcomer on the international wine map, the country is actually rediscovering a tradition dating back to antiquity and praised by the Latin poet Ovid.